薬師寺音の処方箋コンサートDVDはこちらから

"528Hz~聴く処方箋~世界遺産 薬師寺コンサート"として、 2022年1月1日にJ:COM関西広域にて放送され、1月23日に再放送される映像。 これは、DVD『薬師寺音の処方箋コンサート』が一部再編集され、1時間番組として、放送されるものです。関西以外の方、保存版として手元に欲しい方々は、以下のURLから、DVDが購入できます。 https://www.amazon.co.jp/%E5%B9%B8%E3%81%9B%E3%81%AE%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0528hz-%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%AF%BA-%E9%9F%B3%E3%81%AE%E5%87%A6%E6%96%B9%E7%AE%8B%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88-ACOON-HIBINO%EF%BC%86%E5%B2%A1%E6%9C%AC%E5%8D%9A%E6%96%87/dp/B08S362YVR ACOON HIBINO、岡本博文、薬師寺音の処方箋コンサートでも、検索出来ます。 下の写真をクリック。

このDVD は、2020年12月4日に収録され、12月13日にYoutubeにて公開。2021年年明けにDVDとして、発売されました。 2020年12月4日は、私、岡本博文の六十歳の誕生日でもあり、新しい音楽への挑戦の始まりとして、振り返ると大変相応しいものだったと思います。 ゲスト出演いただいたタリナイナニカ(コーポリアルマイム)のお二人。森本遊矢(映像)氏、林皇志(録音)氏、楸信太郎(調律)氏、高田恒浩(幸せの周波数528Hz音の処方箋コンサート実行委員長)氏、梨鳳(仏画)氏、倶好(題字)氏、池田恭子(デザイン)氏。 そして、最後になりましたが、様々な助言をいただき、新しい世界に導いて下さったACOON HIBINO氏。その他、このプロジェクトに関わっていただいた全ての方々に感謝したいと思います。 思えば、よく世界遺産「薬師寺」で、しかも普段カメラさえ禁止されている食堂で、このようなコンサートをさせていただけたものだ、と思います。ご協力いただいた薬師寺さまに感謝。 528Hz音楽についても、私自身、だんだん理解が深まり、自分の体で体験し、その大きな可能性を日々実感しています。永魂メディカルミュージックの「聴く処方箋」の制作に関わったり、ばんばひろふみさんとの528Hz音楽をコンセプトにした活動と、さらに活動は、広がりつつあります。 是非、このDVDは視聴するだけでなく、ストレッチやヨガをしながらご覧いただいてみてください。私たちの発信する528Hz音楽は、ちゃんとしたアートとしての高品質な音楽であるとともに、528hzを基本とする倍音で構成された音楽が、心と体を整える。その先には、音楽がいずれ、医療に関わる時代を見据えての大きな夢があります。 私にとって、このDVDは、これに先駆けて発売された『528 Seasons』と共に、528Hz音楽との出会いの原点です。 是非、全編ご覧いただければ、幸いです。


閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示