top of page

​Blue Nile 

Infomations

ホームページバナー.jpg

Blue Nile ファーストアルバムリリースのお知らせ

2024年2月28日より、以下のリンクよりダウンロード販売を開始します。
https://linkco.re/xRz8nQc0

バンド名:Blue Nile 
​アルバムタイトル:Blue Nile 
リリースID:TCJPR0001135960
Blue Nile プロフィール写真長方形_edited.jpg
スクリーンショット 2024-02-16 12.04.24.png

最新情報

2024年2月28日 Blue Nile のニューアルバムをダウンロード配信を開始いたします。
https://linkco.re/xRz8nQc0

​Blue Nile のご紹介

心と体を整える528Hz音楽を元にした「新しい表現」を追求する音楽集団です。

長年、ジャズフュージョンを基盤に様々な音楽を演奏してきたギタリスト、岡本博文が、新しい音楽にチャレン ジします!

村上ポンタ秀一(ドラムス)プロデュースの『Jawango 』でアコースティックギターをメインに。 その後「Okamoto Island」で、エレクトリックギターをメインツールに5枚のオリジナルアルバムを発表してき た、岡本博文。

ここ数年、ACOON HIBINO(ピアノ、作曲家)と共に、医学的根拠に基づく「癒し」をテーマに 528Hz音楽の 研究、共作、ACOON HIBINOの作品のサポートを続けてきました。

今回、自身のこれまでの音楽経歴に新しい1ページを加えるため、 528Hz音楽の持つ「リリカルな表現」「陶酔感」に加え、今まで岡本が追求してきた「グルーヴ」そし て、「喜怒哀楽や音でなければ出来ない言葉にならない表現」 をテーマに、新たなバンドをスタートさ せます。

プロデューサーにACOON HIBINO。今までにない新鮮なサウンドにご期待ください!

これまでのBlue Nile 活動と各種リンク

Short Movies

岡本博文(ギター)

 Hirofumi Okamoto

バンドの音楽監督を務める。 ジャズを原点に様々なジャンルで活動してきた。村上ポンタ秀一 (ドラムス)プロデュースで1998年、『Jawango』でCDデ ビュー。2008年赤木りえ(フルート)のプエルトリコツアーに 参加。

 

2012年ばんばひろふみ『メイドイン京都』にアレン ジャー、ギタリストとして参加した。デビューより自己のオリ ジナル作品を作り続けており『Okamoto Island』で5作品をリリース。そのうち『Journey』は、AmazonのJapan jazz チャートで1位を記録した。

 

528Hz音楽の薫陶をACOON HIBINOから受け、『528 Seasons』『薬師寺音の処方箋コンサート』を共作している。近年は、テイチクエンターテイメントからリリースのACOON HIBINOの『iNORI』では、エンジニアと音楽ディレクターを担当。

オーケストラ、吹奏楽のアレンジも行うマルチな活動を広げている。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
hirofumiokamotoのコピー.jpg

ACOON HIBINO(ピアノ)

ACOON HIBINO

このバンドのプロデューサー。 今までにはなかった「機能を持つ音楽」を生み出す日本で唯一の 528Hz作曲家・ピアニスト。

 

2015年1月テイチクエンタテインメントより、フルアルバム『心と体 を整える~愛の周波数528Hz~』でメジャーデビュー。同年7月に は、第2弾フルアルバム『自律神経を整える音の処方箋~愛の周波数 528Hz~』をリリース。CD不況と言われている音楽業界で、記録的 なヒットとなり、以降、数々のリーダー作を発表し続けている。

 

528Hzを音楽理論や医学的観点から作曲。その手法が高く評価さ れ、日本レコード大賞企画賞を受賞。機能をもつ音528Hzを使い「聴 く処方箋」配信サービス、「528hzサウンドインスタレーション」に よる空間演出など、その活動は社会的な広がりを持ちつつある。京都 亀岡観光PR大使に就任。

亀岡Moon Studioを拠点として活動している。

  • Facebook
  • Instagram
ACOONHIBINO2のコピー.jpg
ACOON HIBINO.JPG

西村泳子(バイオリン)

eiko nishimura

京都市立芸術大学  音楽学部ヴァイオリン専攻卒業。

京都市交響楽団のコンサートマスターであった父のもと、3歳からヴァイオリンを始め、6才で日本弦楽指導者協会主催、全国サマーコンサートにて協奏曲を好演。

大学卒業後はクラシック以外にも、アイリッシュやポップスなど様々なジャンルの音楽に触れ、独自のプレイスタイルを築く。

数々のアーティストのレコーディングやLiveツアーに参加。

在学中同期だったピアニストの岩崎智早とのユニット「Lalo」としてオリジナルCDを5枚リリース他、パナソニックTV-CF、SUZUKI自動車のPVなどにLaloの楽曲を提供。

また、テイチクエンタテインメントよりメジャーデビューしたACOON HIBINO の、愛の周波数528hzプロジェクトで制作されたCD(ソロで3曲、サポートで2曲で参加している)が、第57回、日本レコード大賞、企画賞を受賞。

  • Facebook
337734756_541043337936254_342572077132719140_n.jpg

山村誠一(パーカッション)

Seiichi Yamamura

山村誠一(パーカッション、スティール・パン)

 

’80年代ラテン系パーカッショニストとして活動を初め’90年代スティール・パンをメインに演奏。

ギターの押尾コータローとのCDからラジオテーマ曲、TV番組背景音楽に使用され有線放送

パンチャンネルには約400曲ライブラリーされている。 

’99年’12年劇団四季「ライオンキング」に楽師として出演。'21年映画「明日をへぐる」の音楽担当。

主宰する楽団の活動はもとより高知放送のTV・ラジオ番組に出演する等、演奏のみならず幅広く活動している。

  • Facebook
  • Twitter
山村誠一のコピー.jpg

上坂朋也(タブラ)

tomoya uesaka

大学在学時から東インドのコルカタにてタブラの練磨を重ねる。

タブラをパンジャーブ流派のAditya Kalyanpur氏、Amit Kavthekar氏に師事。

その後中東音楽にも傾倒し、2018年からYshai Afterman氏にアラブパーカッションを師事。

 

大学卒業後、数々のアーティストのレコーディングや、ライブに参加。

 

2012年台北でのインド舞踊の祭典『when chinese meets indian music』に招致。

2013年神戸でのインド音楽の祭典『Dhuwani Festival』でゴンザレス三上氏との共演。

2018年Shinji Nozaki and Vaataavaran としてアルバムをリリースし、その音楽のユニークさからRadio Sakamotoに取り上げられる。

2022年上賀茂神社での奉納演奏。

 

地元のライブ会場から能舞台まで、幅広くインド音楽のエッセンスを広めるため、日々思索に耽る。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
image0.jpeg

石田一夫(ベース)

kazuo ishida

ジャズベーシスト。京都音楽芸術アドヴァイザリー主宰。クラシックにも精通し、若手育成と一流演奏家の京都への紹介を目的に、京都北大路にて小ホール「アイガットサロン」を運営。その人柄から、多くの人が集まり、賑わいを見せている。

  • Facebook
  • Instagram

Blue Nile のあゆみ

2022.11.5

BIWAKOビエンナーレ

特別コンサート

心と体を整える528Hz音楽を提唱する作曲家&ピアニストACOON HIBINOがプロデュースする、BIWAKOビエンナーレの為のスペシャルユニットとして出演。楠田名保子(二胡)グレン・ニービス(タブラ)ACOON HIBINO(ピアノ)山村誠一(パーカッション)岡本博文(ギター)

2023.3.31

​リハーサル&デモ音源録音スタート

ビエンナーレメンバーで、バンドを結成の為、リハーサルとデモ音源録音を始めるが、楠田名保子(二胡)が、個人的な事情でスケジュールが合わなくなり、西村泳子(バイオリン)に交代。
​グレン・ニービス(タブラ)も多忙のため、グレンと山村誠一の同時推薦で上坂朋也(タブラ)に交代する。また、直前に石田一夫(ベース)が加入した。

​関連記事  https://www.hirofumiokamoto.net/post/1st_reharsal

​関連記事  https://www.hirofumiokamoto.net/post/uesaka

2023.8.3

初ライブ@高槻

初めてのライブを、高槻Music Square 1624 Tenjinにて行う。
2023年8月3日 高槻ミュージックスクエア 曲順 https://www.hirofumiokamoto.net/post/songlist8_3

2024.2.28

Tune Coreにてファーストアルバム配信

ファーストアルバムをTune Coreから配信開始

bottom of page